数学の高校受験勉強法3

高校受験勉強法ガイド!

スポンサーリンク

数学の高校受験勉強法3

高校受験で、数学の試験の最大の敵は、図形とケアレスミスで、しっかりした勉強法を家庭教師で確立し、その勉強法を家庭教師で実行するだけでは、中々完璧にこなしたりケアレスミスを無くしたりはできないものです。

中学数学で一番厄介なのは、「相似と比」「三平方の定理の証明」で、これらには図形を用います。これらの図形を使った問題は、応用問題が多く見受けられ、センスが問われる部分もあります。これが数学アレルギーを生む主な原因の一つになっていることも多いですね。もちろん、例題をある程度解いていれば対応力は上がるとは思います。

相似条件を理解するだけでなく、その相似条件をどこで適用するかなどの、応用力が問われる問題になると、中々本番で上手く解けず、頭が真っ白になってしまいがちになります。ケアレスミスは、高校受験という緊張する状況では、少なからずやってしまう事ですね。ケアレスミスを無くす対策としては、状況に慣れておく「模擬試験を沢山受ける」というのが第一ですが、それで全てが克服できる訳ではなく、よく言われる見直しが重要になってきます。

ここで言う見直しという作業は、次の二つの条件が必要となってきます。

一つは、試験時間の時間配分を全ての問題を解き終わる時間よりも早めにすること。これは、日々、「沢山問題を解く」という勉強法で問題なく身に付きます。もう一つは、見直すポイントをしっかり把握しておく事です。模試などで、その都度見直しを行います。

そこで、「自分がどこを間違えやすいのか?」という傾向を予め掴んでおけば、そこを優先的にチェックする習慣もつけられます。

このとき、自分の間違ったところをノートに記すという勉強法が役に立ちます。高校受験で、数学の試験の解く順番は、予め他の問題を終え、見直しまで終わった後、最後に図形の問題を解く事をお勧めします。

そうする事で、ある程度時間と心にゆとりを持った中で挑めますね。そういった戦略も、高校受験では必要なことです。

スポンサーリンク

高校受験勉強法ガイド!科目別に高校受験対策リンク集
家庭教師このサイトについて

2009 © 科目別に高校受験対策をしよう!Allrights reserved.