数学の高校受験勉強法2

高校受験勉強法ガイド!

スポンサーリンク

数学の高校受験勉強法2

高校受験まで後一年を切った時期の数学の勉強法は、ひたすら問題を解くことです。

高校受験に出る数学の問題は、一般的にほとんどが基礎的な問題で、意地悪な問題というのは、難関中学でもない限りは出題されないでしょう。

基礎的な問題は、問題集や教科書の例題にあるような問題を解いて行くだけで、十分試験対策にはなりますが、ただ問題を解くだけではダメです。実際に解いてみて、解けなかった場合の対処法が重要となってきます。数学の問題は、全てが理論的で、解き方が定格化されています。

数学の問題は、解く方法が何通りかある問題も少なくはないですが、それが無限にあるわけではありません。数学の勉強法として、解けなかった場合は直ぐに答えを見て構いません。数学は、解けなかった問題をいつまでも考えるのは、時間の無駄とまでは言いませんが、時間だけが過ぎていきますね。

数学は思考能力が問われる分野と思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、高校受験の範囲の数学に関しては、実は、記憶力が物を言います。まずは、例題を解き、自分がどの問題を間違えたのか、さらにその問題の正解はどうなのかを、ノートに逐一記しましょう。

その作業を繰り返すだけで、間違えた箇所を覚え、さらに正解を覚え、徐々に知識として蓄えられます。

どこをどう間違えたのかその箇所を覚える事が、数学のもっとも有効な勉強法です。そこから徐々に、正しい解き方が見えてきます。問題を解く事で得られるのは、記憶力だけではなく、数学の楽しさを徐々にわかっていく工程があります。

数学の勉強法は、同じような問題の繰り返しよりは、一通り授業の流れに沿った問題を解いた方が飽きずに済み良いでしょう。

問題で、解けなかった箇所をチェックし、その正解をノートに記し、また問題を解いていくという繰り返しの勉強法が大変有効です。数学は、何度もやっていく内に解ける問題が増えていき、段々楽しくなっていきます。

スポンサーリンク

高校受験勉強法ガイド!科目別に高校受験対策リンク集
家庭教師このサイトについて

2009 © 科目別に高校受験対策をしよう!Allrights reserved.