数学の高校受験勉強法

高校受験勉強法ガイド!

スポンサーリンク

数学の高校受験勉強法

高校受験で、最も得手不得手がはっきり分かれる科目は、数学かもしれません。

中学では、英語以上に苦手と言われる科目は数学です。

理系を目指すような学生なら、数学に苦手意識を持っている人は少ないでしょうが、文系の学生は数式を見るだけで、気分が萎えてしまう、というくらい苦手な人もかなりいると思います。しかし、高校受験では数学を捨てる、諦める、という選択肢はありません。

数学でほとんど点数を取れないと、トータルでも大きなビハインドを背負う事になります。苦手意識は克服できますので、まずは、勉強法を家庭教師でしっかり確立しましょう。中三の始めの段階でやる事は、まず二年までの復習でしょう。

中一、中二の数学は基本的な事がほとんどなので、得意な人なら苦にはならないかと思いますが、苦手な人にはそうも行きませんね。

そこで、数学が苦手な人の復習のための勉強法を家庭教師で紹介します。数学で大事なのは、数式を覚える事ではなく、問題を解く事が重要です。覚えるというのは1つの作業です。数学は、作業感覚でやっていても、中々頭には入ってきません。

そこで、取り敢えず問題を解いていく内に、「ここはどうしてこうなるんだろう?」という疑問が湧いてきます。それが、数学上達の鍵となってきます。

何故?と疑問に思ったら、直ぐに調べる。その繰り返しで、問題の解き方を覚えていくものです。このように覚えていけば、確実に身になっていきます。

記憶をより強いものにする為には、反復だけでなく、疑問に思った事は、自分で直ぐに調べるという作業が重要です。更に、数学の問題の習慣付けは、もちろん勉強法を家庭教師でしっかり確立すれば、数式もバッチリ覚えられますよ。

スポンサーリンク

高校受験勉強法ガイド!科目別に高校受験対策リンク集
家庭教師このサイトについて

2009 © 科目別に高校受験対策をしよう!Allrights reserved.