国語の高校受験勉強法3

高校受験勉強法ガイド!

スポンサーリンク

国語の高校受験勉強法3

高校受験の現代文は、基本的には点数を稼ぐ為のものだという認識が強いかと思います。

それは、現代文は確実に日常に密接していて、論説文はニュースサイトや新聞、または、何かのレビューなどで目にしますね?また、物語などは、そのまま小説として、目に触れる機会が多いのではないでしょうか。

逆に、数学は、簡単な計算以外はやはり使う機会はほぼないですし、漢文・古文、理科、社会、英語などは、日常で使う機会のほとんどないものですね。

そんな現代文ですから、どうしても軽視されがちな点は拭えませんね。高校受験は、取れるところでしっかり取る勉強法を家庭教師で確立する事が、高校受験で失敗しない為の重要事項です。しかし中には、現代文なんて勉強する必要ない、勉強法もいらない、と思っている学生もいるのではないでしょうか?それでは高得点は望めません。

では、どのように現代文の勉強を進めれば良いのでしょうか?

論説文で、重要なのは、作者の意図を掴む事が肝心です。「この作者が何を言いたいのか?」をまず掴んでしまえば、その中にある文が暗に訴えている事も自然と見えてきます。

後は作者の言いたいことを論理的に噛み砕いたり解釈したりして、答えるだけなのです。

よく授業の中では、“重要と思うところに線を引く”ということを指導されますが、これは全体を見る上で一部を抜粋する効果が出てしまい、後で見たときに言葉だけで判断してしまいかねない事もあります。しっかり最後まで読んで作者の意図を掴みましょう。

物語も、基本的には論説文と同じような感覚「作者の意図を掴む事」で構いません。

論説文は小難しい言葉が多いですが、物語は比較的読みやすくなっていますね。その分、主観が入りやすくので、その部分を取り除き、客観的な目で話を読めるようにしましょう。

主人公の心情などに対し、大多数の中の一人に埋もれる感覚で、勉強法を家庭教師で確立させます。自分の意見を述べるというのは、こと入試に関して言えば有効ではありませんので注意しましょう。

スポンサーリンク

高校受験勉強法ガイド!科目別に高校受験対策リンク集
家庭教師このサイトについて

2009 © 科目別に高校受験対策をしよう!Allrights reserved.