国語の高校受験勉強法2

高校受験勉強法ガイド!

スポンサーリンク

国語の高校受験勉強法2

高校受験の国語の中でも、漢文と古文をどれだけ確実に解けるかというのが、入試で良い点数を取る鍵となります。

高校受験を成功する為にも、漢文と古文の勉強法には特に、気を配る必要があるでしょう。

普段使わないので苦手意識を持っている人が多いのでしょうが、「古文と漢文は決して難しくはありません」。

高校受験の中学国語の範囲に関して言えば、本当に基礎的な問題しか出ないので、現代文よりも古典は点数が取りやすいと言えます。

あとは自身の問題で、抵抗感であったり苦手意識であったりを取り払うという点だけです。

抵抗感や苦手意識を克服する為の勉強法として有効なのが、現代語訳と原文を交互に見ることです。

まず原文から入ってしまうと、苦手意識が邪魔して中々頭に入ってきませんね。

その様な方は、まず分かりやすい現代語訳された文から読んで、その後に原文を読む、というのが好ましいでしょう。

現代語訳を理解して、原文を眺めると「ここはこんな意味だ」という知識が前頭にあるので、それほど抵抗なく頭に入るはずです。

それを毎日行えば、文法や言葉の意味も少しずつ頭に入っていくでしょう。

漢文に関しても同様で、現代語訳を理解してから、原文を眺め意味を理解しながら読んでいくと、それほど抵抗なく頭に入るはずです。

漢文の勉強法が分からない人は、「先に読む順番などを頭に入れて…」と考える人も多いでしょう。

結果的には、どうしても頭がこんがらがる人も多いようですね。

漢文の勉強の手順は、現代語訳を見て、その後に漢文を見るようにします。その時、どうしてここを先に読むのか、こう言う順番に読んでいくのか?というのも、徐々に頭の中に入って行きます。

この古文と漢文の勉強法は、高校受験を控え、まず古文・漢文に慣れるという為にとても有効な勉強方と言えます。是非実践してみてください。

スポンサーリンク

高校受験勉強法ガイド!科目別に高校受験対策リンク集
家庭教師このサイトについて

2009 © 科目別に高校受験対策をしよう!Allrights reserved.