社会の高校受験勉強法2

高校受験勉強法ガイド!

スポンサーリンク

社会の高校受験勉強法2

高校受験の教科の中で地理を覚えていくには、まず日本の地理から覚えていく勉強法が効率的です。

もちろん、世界地図もしっかり覚える必要もありますが、日本の地理は、最初に自分の住んでいる県や隣接する県から覚えて徐々に範囲を広げていった方が、

比較的覚えやすいでしょう。

歴史同様地理も、勉強法は暗記学習となります。

勉強法としては立てやすく、世界中の国の名前はもちろん、首都、県庁所在地、地形の名前を覚えれば覚えるだけ高得点が狙えます。

高校受験の地理は、比較的点数が固まりやすい(ばらつきが少なく、みんな大体60~80点に収まる)分野です。

固まりやすいというのは、ばらつきが少なく目立った高低差が無いという事です。

そこから一歩抜け出す事(80点以上)が、高校受験の成功の秘訣かもしれませんね。

高校受験の地理で覚える順番は、まず各都道府県の位置と県庁所在地を確実に覚えていくことです。

それから、世界中の国名と首都を覚え、地域ごとの地形などを視覚的に覚えていくと良いでしょう。

地理は、日常生活で~県などという言葉は耳にしても、実際その県がどこにあるか、などということは話題になりにくく生活に密着した分野でもあり、全く密着していない分野でもある気がします。

自分の住んでいる近隣であれば位置関係も把握しているでしょうが、旅行などで行ったことがある県以外はなかなか覚えるまでが大変だと思います。

世界ともなると尚更ですね。

つい最近の話題で、宮崎県知事の東国原氏が、宮崎県の位置を知っている人が少ないと嘆いていました。

恐らく九州の人は分かる人も多いと思いますが、関東や東北の人はやはり分からない人も多いと思います。これが現実ということでしょう。

受験でしっかり差をつけるためにも、位置関係は把握しておきましょう。

スポンサーリンク

高校受験勉強法ガイド!科目別に高校受験対策リンク集
家庭教師このサイトについて

2009 © 科目別に高校受験対策をしよう!Allrights reserved.