社会の高校受験勉強法

高校受験勉強法ガイド!

スポンサーリンク

社会の高校受験勉強法

高校受験の教科で社会は、地理と歴史が主です。

中には目指す分野で私大では公民も含まれてますが、大多数の生徒が受験するのは地理と歴史でしょう。

歴史を勉強するときは、とにかく暗記することです。

暗記が得意な人と苦手ない人で、大きく得て不得手が分かれる分野でもありますが、

歴史を暗記する主な項目は、年号・人物の名・時代の流れやその時のでき事・施設名など…兎にも角にも、これらを覚える事が、歴史で点数を取る為に必要な事となります。

もし暗記が苦手な人が歴史で高得点を狙うなら、普通の勉強法では難しいと思う人も少なくはないと思います。

暗記は、とにかく、教科書を読み書きする事が1番大事で、他の分野と比較しても歴史は応用問題などは滅多にありません。

学校の中間テストや期末テストの場合は、先生によって教科書に記載されてい無いようなひねくれた問題を出す事もあるかも知れませんが、

高校入試ではそういうことはほとんどありません。

高校入試では、とにかく教科書の内容さえしっかり覚えていれば、標準以上の点数は確保できます。

そういう意味では、他教科より番簡単かもしれませんね。

年号を覚える場合は、語呂合わせが有効です。書店でも以前から語呂合わせの本なども置いていますね。

また、語呂合わせで覚えると忘れにくくなるので、他の事を覚える負担にもなりません。

どの教科でも言えますが、一番良いのは、歴史に興味を持って勉強すること。

それに勝る勉強法はないでしょう。

近年、バラエティ番組は空前の雑学ブームで、テレビで歴史上の偉人などを問題にしている番組はいっぱいあり、歴史に関する問題もかなり取り扱われています。

そういった番組を見ているだけで、自然と歴史に興味が沸いてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

高校受験勉強法ガイド!科目別に高校受験対策リンク集
家庭教師このサイトについて

2009 © 科目別に高校受験対策をしよう!Allrights reserved.